見つめ合う朝

フクロウ
03 /30 2017
img20170330_019_convert_20170330083959.jpg

フクロウとはよく目が合います。
人間と同じく、顔の正面に目が並んでいるからでしょう。
視覚からの情報は彼らにとってとても重要なので
フクロウは本当にいつも一生懸命に何かを見、
それが何なのかを探ろうとします。
そしてそれを大切な飼い主と見るか、踏み台と見るかは
その時の気分次第かな…?

IMG_0209_convert_20170713132650.jpg

冬の朝、ストーブの前でくつろぐ豆。
この可愛さ、直後に蹴ってくる想定外\(^o^)/
スポンサーサイト

定位置

フクロウ
03 /23 2017
img20170322_018_convert_20170322095325.jpg

電車の座席が端のほうから埋まっていくように
生き物には安心できるお気に入りの場所があります。
豆にとっては私の頭の上がそのひとつ。
私より上で(鳥はより高い位置にいるほうが偉い)
仲間の傍なら天敵から狙われる確率も減り
見晴らしがよく、ほんのり温かく、草が茂って
確かにいいことずくめの場所かもしれません。
しかし乗られるほうはそう何度も洗髪したくはないので
今では「そろそろフンしそう」と思う頃に移動願っています。
どかそうと手を伸ばすと豆はとても不満そうに
ホッホウと文句を言います。

寝言

フクロウ
03 /17 2017
img20170317_017_convert_20170317144104.jpg

豆はよく寝言を言います。
言うというより叫んだり吠えたり。
カラスに襲われる夢?
それともメンテされる夢でも見てるのかな。
フクロウは眠るとき下目蓋が押し上がって
別に笑っているわけではありませんが
ニッコリ顔になります。
その寝顔のとおりの楽しい夢を見て
「ホホー」とささやくように鳴いてほしいものです。

通り道

フクロウ
03 /16 2017
img20170316_016_convert_20170316173759.jpg

腕に乗ったから、肩に乗ったからといって
フクロウが懐いているとは限りません。
ただ目の前の足場に乗ってみただけ、
あるいは餌係に「腹減った」とアピールしているだけかも。
でも、このとても臆病な生き物に
「こいつは害にならない」と思ってもらって
彼らにとってのいい止まり木になれたら
そこからきっと楽しいフクロウライフが待っていますよ。

穴掘り

フクロウ
03 /10 2017
img20170310_015_convert_20170310102246.jpg

多くのフクロウは自分で巣を作りません。
古木のうろやキツツキの巣穴を住処にします。
アナホリフクロウも自分で穴を掘ることは滅多になく
プレーリードッグが掘った穴を拝借したりします。
豆は狩りをしなくていい身分なせいか
その分の時間と体力を穴掘りに注ぐ働き者です。
お気に入りのパジャマだったことは
この際、内緒にしておきましょうか。

メンテナンス

フクロウ
03 /04 2017
img20170304_014_convert_20170304125413.jpg

硬くザラついた木や岩肌と接することがないため
室内飼育のフクロウはどうしても嘴や爪が伸びがち。
豆も2~3か月に1度、ニッパーとやすりで短くされます。
私にはこれが一苦労。
時間をかけず、強く押さえず、切り過ぎて出血させないように…
そんな注意事項が頭を渦巻くのです。
思い出すのは40年以上も前に世界を震撼させた「エクソシスト」。
悪魔が様々な声音を駆使して若き神父に語りかけ
彼の心の秘かな苦悩を引きずり出し
悪魔祓いの失敗を誘うのです。
豆も様々な鳴き声で私を動揺させ、補ていから逃れようと暴れます。
メンテの時は、冷静かつ強い意志をもって挑まねばなりません。

夜明け前

フクロウ
03 /03 2017
img20170303_013_convert_20170303104708.jpg

私は夜型の人間です。
でも豆には、太陽が昇ったり沈んだりする自然のサイクルを
出来るだけ感じてほしくて朝型の生活に切り替えました。
アナホリフクロウは昼行性。
昼間草原をドタバタと走り回り
驚いて飛び上がった虫を捕えて食べたりするそうです。
でも他の夜行性のフクロウ同様に夜目も利くので
部屋を真っ暗にしてもやはりドタバタ、ドタバタ。
その日の気分で、まだ夜も明けないうちから私を起こしに来ることも。
豆がいるおかげで私は幸福で、そして常に少し寝不足なのです。

みどり~な

アナホリフクロウの豆との暮らしを漫画にしています。@midorina_o

画像等の無断転載はご遠慮ください。