自慢

フクロウ
04 /27 2017
img20170427_025_convert_20170713103705.jpg

抜けた羽、どこかから剝がしてきた段ボール片、食べ残した肉…
豆はいろんな物を咥えて私の所に得意げに持ってきます。
貢ぎ物かと思いきや、横取りは許しません。
グッグッグッと鳴き続ける様は
「取るなよ、取るなよ」と言っているかのよう。
私も取るふりをして豆と引っ張りっこ。
猫が獲物を飼い主の所に持ってくる話はよく聞きます。
フクロウは羽の生えた猫とも呼ばれています。
性格は鳥より猫に近い気がします。
不思議な鳥、フクロウ。
一緒に遊ぶと楽しいですよ。
スポンサーサイト

強要

フクロウ
04 /20 2017
img20170420_023_convert_20170420105704.jpg

フクロウは仲間と群れません。
巣立った後は、伴侶を見つけるまでずっと一羽で活動します。
私も長い間一人暮らしをしてきたので
フクロウとは適度な距離を保ちながら
うまくやれるのではないかと思っていました。
しかし実際に飼ってみると豆は思いのほか構ってちゃんでした。
プリントが入っていて、飼育下で巣立ちがないためなのでしょうか、
いつまでもヒナのように執拗につきまといます。
そうかと思えば私のほうから遊ぼうと近寄るとサッと逃げたり…
しつこくて自分本位な性格です。
でもそこが愛しいと感じるのは
人間が社会生活を営むために捨て去ってしまいがちな大切なもの、
「正直さ」と「自由」が、そこにあるからかもしれません。

本能

フクロウ
04 /13 2017
img20170413_022_convert_20170413183240.jpg

音を立体的に捉えるため左右非対称に位置する耳。
小さな音も逃さないパラボラアンテナのような顔面。
獲物の姿をしっかり見つめる、顔の正面に並んだ大きな目。
音を立てずに飛べる、縁がギザギザになった羽。
捕えた獲物を放さない鋭い爪。
フクロウの体の進化はすべて
獲物を捕らえるという目的に特化しているようです。
そして彼らは非常に燃費が悪く、大量の食物を必要とします。
だから空腹時のフクロウは真剣そのもの。
食べ物のことしか考えられなくなっているみたいで、
油断すると実に暴力的に餌を奪われてしまいます。
一方、満腹になるともう差し出しても見向きもしません。
甘い物は別腹などと言ってついつい食べ過ぎてしまう私、
豆の潔さを見習いたいものだといつも思うのです。

仰向け注意

フクロウ
04 /06 2017
その1
img20170406_020_convert_20170406154443.jpg

その2
img20170406_021_convert_20170406154524.jpg

なぜ乗るのか? そこに顔があるからだ。
彼らがそう思っているかどうかは分かりませんが
フクロウがなぜか顔に乗ってくるという話はよくあるようです。
私のように放鳥しっ放しでなくとも
放鳥中につい眠ってしまったという方もおられるでしょう。
寝ている間に鳥を潰してしまわないよう注意を払うのはもちろん、
寝ている間に鳥に目を潰されることもありませんように…
ちょっと大げさかな。
でも小型といえどその爪は凶器。
豆はいつも念入りにカリコリ齧って
丸く削ってやったはずの先端がいつの間にか尖っていますよ。
ご用心、ご用心。

みどり~な

アナホリフクロウの豆との暮らしを漫画にしています。@midorina_o

画像等の無断転載はご遠慮ください。