粗忽者

フクロウ
07 /28 2017
img20170728_043_convert_20170728180338.jpg

先週の、誤飲の話をもう少し。
フクロウだからいらない物は何でもペリットにして出せる、
とは限りません。
今回描いた輪ゴムはその一例。
クルンと輪になって弾力性があるので
お腹の中でうまく丸めることができません。
長いヒモなんかもそうです。
出なくなったら最悪の場合は開復手術ですが
小さな鳥は手術の負担に耐えられず死に至ることも。
飼い主さんはくれぐれもご注意を。
そんな親の心、子知らずの豆。
でもとにかく事故がなければいいのです。
時々段ボールを千切ってはムシャムシャ食べているけど
それは許してあげるよ。
食べ過ぎないでね。
スポンサーサイト

みどり~な

アナホリフクロウの豆との暮らしを漫画にしています。@midorina_o

画像等の無断転載はご遠慮ください。