妨害

フクロウ
09 /09 2017
img004_convert_20170909165322.jpg

私が何か頑張っていると、豆は必ず邪魔しに来ます。
フリー飼育とは、フクロウの妨害活動との戦いでもあるのです。
加えて、フクロウはわざわざ乗りにくい場所に乗ろうとし
そして足を滑らせ落っこちては飼い主のせいにする傾向が。
なんとも身勝手な性格ですが
「可愛いは正義」とはよく言ったもの。
何をしても許してしまう…
そりゃあフクロウって可愛いんですから、仕方ないですね。

違和感

フクロウ
09 /02 2017
img20170902_050_convert_20170902200448.jpg

フクロウは、毎年古い羽と新しい羽が入れ替わります。
換羽は年に一回ではありますが
短期間にごそっと抜けてハイ終わり!というわけにはいきません。
特に人間の飼育下にあるフクロウは色んな要因で
終わったかと思うとまた抜けて、かなり長期間に渡ることも。
過剰なストレスや栄養状態の悪化があれば
ストレスバーという変形が見られたり折れやすかったりと
質の良い羽が出来ません。
換羽中は食事量のコントロールをしたり
体力を消耗したり、うまく飛べなくなったり…
彼らは大変な思いをしながら
ツヤツヤの丈夫な羽が生えてくるよう頑張っているのです。
大事に見守ってあげてくださいね。

おまけ
img20170902_051_convert_20170902201037.jpg
いちいちうるさいんだが。

日課

フクロウ
08 /26 2017
img20170826_049_convert_20170826160721.jpg

イチロー選手は打席に立つと
バットを持った右腕を前方に伸ばし、その腕に左手を添えます。
この動作は気持ちをリセットし、目の前のことに集中するためのルーティン。
誰にでもそんな習慣、手順のひとつふたつはあるでしょう。
うっかり別のことをしてしまうと調子が狂ってしまいますね。
フクロウも「今日はなんだか様子が違う」と感じると不安になり
体を細くして警戒します。
フクロウ飼育は出来るだけルーティンを守ってあげましょう。
豆は就寝前に必ずやることがあります。
扉をガンガン叩いて歩き回り、ぬいぐるみを引きずり回し
カーテンの裾を齧り足で掴んで、私のほうにダイブしてきます。
最後は「すべての点検が終わった」とばかりに水を飲み
ようやく定位置について静かになります。
とても真面目な自宅警備員です。

おまけ
img20170826_047_convert_20170826160645.jpg

終わりなき戦い

フクロウ
08 /18 2017
img20170818_046_convert_20170818184353.jpg

フクロウを飼ってみて、最も大変なことって
なんだと思われますか?
餌、それとも鳴き声?
多くのフクロウ飼いさんが筆頭にあげるのが「掃除」です。
所構わずフンをし、それは拭いても拭いても跡が残ります。
立派な風切羽から小さなフワフワの羽毛まで
たくさんの羽が抜けます。
そして驚くほどの粉が体から落ちます。
羽繕いをするフクロウの足元はたちまち真っ白になります。
これらのせいで電化製品が壊れやすくなったとおっしゃる方もいれば
掃除嫌いだったのに毎日掃除するようになったという方も。
掃除とは、報われず誉められもせず、終わりのない労働。
それでもフクロウがそばにいることの喜びには代えがたい…
そう思えたなら幸いです。
ちょっとしたイタズラで散らかされるなど、可愛いものですよ。
img002_convert_20170818184430.jpg

誤解

フクロウ
08 /11 2017
img20170811_045_convert_20170811164058.jpg

飼い主の具合が悪い時
犬ならば寄り添ってくれるでしょうか。
猫はさて、どうでしょう。
フクロウは…期待しないほうがいいかも。
私も、人間に都合のいい解釈は
出来るだけしないようにしています。
でも一度だけ、
悔しくて悲しくてひとりで大泣きしていた時のこと…
豆が私の周りをうろうろ、そわそわと歩き回り
それから滅多にとまることのない肩の上に
ピョンと乗ってきてしばらく居てくれたのです。
その時「この子を絶対大事にする」と改めて誓いました。
豆は餌係の様子を見に来ただけかもしれません。
目から水が零れているのが不思議だったのかも。
でもまあ、たまには誤解もいいですよね。
減るもんじゃないし。

みどり~な

アナホリフクロウの豆との暮らしを漫画にしています。@midorina_o

画像等の無断転載はご遠慮ください。