fc2ブログ

ただ傍にいる

アナホリ日和
09 /21 2022
img20220921_224.jpg


img20220921_223.jpg
肌寒くなってきました。
豆が私にピッタリくっついて寝るようになりました。
そして、添い寝するだけでとても満足気です。
人間のように「旅行しようよ」「ゲームしたい」
「アレ食べに行きたい」「コレ見に行きたい」
「お金が欲しい」「お金がなきゃ幸せになれない」
なんてことは言いません。
もちろん多少はお金がないと豆のご飯が用意できません。
豆も時々おもちゃで遊んだり私の手足を狩りたがります。
でもそれよりも頭をカキカキして
黙って横にいてあげるととても満足してくれるのです。
豆にとって時間とはスケジュールで埋め尽くすものではなく
ただ朝が来て夜が来て、時間が経てばお腹が空く、
その程度のもののようです。
何か結果を出さなければとか有意義なことをしなければとか
そんなことは思っていないようです。
私もただ豆と一緒にいたいです。
自分がただそれだけの生き物だと思えれば幸いです。
img20220920_222.jpg




スポンサーサイト



馴れるな危険

アナホリ日和
09 /04 2022
img20220904_221.jpg

img20220904_220.jpg

カルガモの雛たちがお母さんのすぐ後ろを
ピョコピョコついていく光景、
誰もが一度はテレビなどで観たことがあるのではないでしょうか。
でもあのお母さんがもし人間だったら…
小さな鳥にとっては一歩間違えば大惨事です。
人に飼われている鳥の死因の一位は圧死だそう。
踏み潰されたとか、座られたとか、
飛びながら人についていったらドアに挟まれたとか。
事故の責任は100%飼い主さんにあると思います。
鳥のほうは飼い主さんを信頼するからこそ近寄るのだし
それが鳥という生き物なのですから。
私も完全フリー飼育の中、これまでに幾度もヒヤリとしました。
鳥が馴れているということは
私が慣れているということです。
慣れた頃が一番危ない。
いつも自分にそう言い聞かせておく必要を常々感じています。


豆とおもちゃ

アナホリ日和
07 /06 2022
その1
img20220706_218.jpg

その2
img20220706_217.jpg

豆のおもちゃはわんこ用のロープ製ボールです。
豆はなんでも毟って食べてしまうので
小さいぬいぐるみなどはあっという間に綿を出して
ムシャムシャしてしまうのではないかと思うと
どうも安心できません。
ロープも紐をズルズルと長く引き出し始めたら
すぐカットして短くしてやります。
でもいつも同じおもちゃではさすがに飽きたか、
今は隠し場所にさっさと隠してお終いに。
だからたまに熱中してくれていると
雛の頃を思い出して微笑ましい気分になります。

豆、8歳になりました。
何を見ても好奇心で首をグルグル回す、
そんな姿は見られなくなったけど
今も元気いっぱいに走り回り飛び回って
毎日遊んでいます。

探し物はなんですか

アナホリ日和
05 /03 2022

新年が来たぞー

アナホリ日和
01 /18 2022
新年明けまして・・・
いやはや大分遅くなりました。
今年は年賀状もスタンプをポンポンと押しただけだったので
イラストでのご挨拶ができませんでしたが
今年もぼちぼちと描いていくことでしょう。
前回からすっかり間が空いてしまったけど
前回の続きです(笑)。
いや~、今年の冬の寒いこと寒いこと。
img20220118_213.jpg

そしてもういっちょ。
またウ〇コの話かよ!と言われそうですが
フクロウ飼いにとっての試練といえばやっぱりコレ。
茶フン(盲腸糞)・・・
それはコールタールのようにドロッとして
強烈な臭気を放つ、悩ましいウ〇コなのです。
img20220118_214.jpg